自動車保険に加入するなら任意保険に

2009年6月19日 17:40 | コメント(0) | トラックバック(0)

今や、自動車は一家に一台の時代から一人一台の時代となりました。
近年のガソリンの値上がりは目に余るものがありますが、一方で低燃費の自動車開発が進み、ハイブリッド車やコンパクトカーなどの売り上げも上々の様で、今後益々車を利用する人が増えることと思います。
それに伴ってか、自賠責保険も平成20年より安くなり益々、車の利用がしやすくなってきました。
車の利用が増えると共に必要となってくるのが車を運転する事への責任です。
日本では車検取得時に強制的に加入しなくてはならない自動車保険である、自賠責保険に加入しなくてはなりませんので最低の責任ははたすことが出来ます。
しかしながら自賠責保険は対人保証しかありませんので、相手の車の修理費やガードレールや信号機にぶつかったときの物損事故の場合は自費で賄わなくてはなりません。
また、電車にぶつかったり、畑に突っ込んでガソリンが漏れだし、作物代の賠償金額など、過去の損害賠償金額を見ますと物損でも1億を超える請求金額もあるようで、自費で賄うなど到底不可能な場合だってあります。
従って、自動車を運転するならば自賠責保険に加え、充実した自動車保険に加入する必要が発生します。
自動車を運転する人ならば通常は任意の自動車保険に加入していると思いますが、中には特に若い人でお金が無く加入していない人もいるようです。
しかしながらお金がある、なし、関わらず、自動車を運転するならば自動車保険に加入することが運転者の責任ではないでしょうか?
もしももらい事故を起こした際相手側が十分な自動車保険に加入しておらず、支払い能力が無ければ大変面倒な事になってしまいます。
では、任意保険に加入していれば大丈夫なのでしょうか?
確かに、自賠責保険以外に自動車保険に加入すればよいのですが、その保証内容によって変わってきます。
任意の自動車保険なので保険内容も自分で好きなものに設定することができます。対人対物賠償の上限も金額設定することが出来ますし、無制限にする事も出来ます。
また、自分の車の修理費を賄ってもらえる車両保険を付ける事もできますし、その他にも数多くのサービスを自動車保険に付帯する事が出来ます。その付帯サービス内容によって保険料も異なってきます。
また、最近ではリスク細分型自動車保険になっておりますので、車を利用する人の状況によって自動車保険料も様々になっております。比較的事故を起こしやすい人がその分割安の保険料ですむシステムになっています。
もしもの時の自動車保険。事故を起こした後で後悔するのではなく、予め事前に十分な自動車保険に加入し、安心した自動車ライフを過ごしましょう。

 

 意外と知られていない蛤の栄養と効果
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

バイクに乗る人に大変お得、ファミリーバイク特約
例え事故を起こしてしまった場合でも、自動車事故ならば等級が下がってしまいますが、バイク事故の場合は等級が下がる心配がありません。
今までよりももっと安くなる自動車保険
最近の自動車保険は保険内容のみならず様々なサービスを受けることが出来ます。例えばロードサービス付帯の自動車保険に加入すればJAF等のサービスを別途加入する必要も有りませんのでその分安く利用することが可能です。
ネットで検索自動車保険
インターネット加入は保険会社でも人件費を削減するメリットがありますので、割引制度を利用することができますので、通常の保険料よりも割安で加入することが可能です。
自動車保険はインターネットによる一括見積もり
一番簡単な方法は複数の保険会社に一括して見積もりを依頼することです。最近では便利になってもので、インターネットを利用すればほんの数分で複数の保険会社に見積もりを依頼することが出来るようになりました。
自動車保険の比較
保険料の見積もりも簡単に依頼することができますので、自分の保険料が一体いくらになるのか複数の保険会社に依頼すれば簡単に保険料を比較することができますよね。
自動車保険に加入するなら任意保険に
もしももらい事故を起こした際相手側が十分な自動車保険に加入しておらず、支払い能力が無ければ大変面倒な事になってしまいます。
強制的に加入する自動車保険
現状として自賠責保険では対人保証に限って最高額で3000万円しか支払われませんので大きな事故の場合この額で支払うことは不可能です。
我が人生を守る自動車保険
例えば自分の車が高級車であった場合、折角新車の良い車を持っていても、狭い駐車場が多い日本で知らない間にぶつけられてしまった場合でも安心です。
どんな自動車でも自動車保険への加入は必要です
ごくまれに、自分の車はポンコツだから自動車保険に加入する必要がない、と言う人もいますが、車がポンコツであろうと、高級車であろうと事故を起こしてしまうと補償金額は変わりませんので誰であろうと自動車保険に加入しなくてはなりません。
自動車に乗るならば自動車保険に加入しましょう
自動車保険に加入することが運転する人の責任だと言うことをよく理解して車を運転することが必要ではないでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt3.dt10.net/mt-tb.cgi/162

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する